Thomas Ingmire ワークショップ2004報告

Cursive Handwriting 〜2004年5月9日〜


日本で学ばれていないものとして Thomas が指摘した Cursive Handwriting (草書体) の本邦初のワークショップです。
歴史的な草書体の例を紹介してもらいながら、個性的で流暢な草書体を創造することを学びました。


Thomas が書いたサンプルの文字。
いろいろとバリエーションをつけて生徒の名前を
Thomas が書いたもの。




Making Calligraphy Visual 〜2004年5月13日&14日〜

この2日間コースでは Thomas のテクストブック "codici1" に沿って Step by Step で自分自身オリジナルのコンテンポラリー(現代的)なアルファベットを創造することを学びました。
最後には全員がそれぞれ個性的な文字を作り上げました。Thomas の素晴らしい指導がなかったら、ここまで完成度の高いオリジナル文字はできなかったでしょう。


まず始めにいろいろなおもしろいマーク を書いてみました。
生徒一人一人から個性的な文字が生まれてくるのを
手助けする Thomas.
自分の文字の形が、だいぶんはっきり現 れてきました。
自分の文字――新しい文字がやっと誕生しました!
今度は生まれたばかりの文字に命を吹き 込んであげます
いろいろな方法で変形や変化をつけ、バリエーションを作りました。
バリエーションをつけ、ますます 魅力的になった文字たち――





13人全員がまったく違った文字を作り上げていく様子は苦悩の連続(!?) でしたが、
最後に出来あがった自分たちオリジナルのアルファベットは
苦労して生まれただけに とっても愛しく美しかったです。

 
★  ★  ★

close

本ページの全ての作品について、転載・改変は著作権法により保護されます。
Copyright 2004 Satsuki Hatsushima